「ひよっこ」ネタバレあらすじと感想。最終回まで掲載中|朝ドラLOVE

NHK連続テレビ小説第96作品「ひよっこ」。舞台は茨城と東京。田舎育ちの女子高生が、高度成長時代の荒波の中、さまざまな出会いと別れを経験しながら成長していくという、実在モデルのいない創作ストーリー。奥茨城村生まれのひよっこが、東京という大都会でニワトリになるのか、あるいは白鳥になるのか? 9月30日の最終回まで暖かく見守りたいと思います。どうかお付き合いくださいませ。 出典:NHK連続…

続きを読む

ひよっこ(6月23日)チョコレートパフェ85円でみね子の残金は520円

6月23日のひよっこのネタバレ感想は、またまたお使いを頼まれ喫茶店「白猫」に向かうシーンからスタート。今度も先に由香が店に来ていて、喫茶店のご近所に由香が住んでいることが確定(?)。 ウエイトレスのお姉さんを制して「すぐに帰りますから」と、先ほどのミックスサンドとコーヒー代が頭をかすめるみね子。 そして白い封筒を受け取るやいなや「アタタタ!お腹が!」と苦しそうにする由香が、トイレに行…

続きを読む

ひよっこ(6月22日)みね子様と白猫お化けのようなアプレ娘・牧野由香

6月22日のひよっこのネタバレ感想は、出勤前のあかね荘の2階からスタート。みね子が顔を洗って自分の部屋に戻ろうとした時に、新田と坪内の売れない漫画家コンビから「みね子様!」の大合唱。あんな大きな声ならアパート全部に聞こえるはずで、大家の富さんも新しいネタが見つかったと密かにニヤニヤしていたに違いありません。 「様はいや…」「それじゃ、ちゃまは?」「どっちもいや、普通でいいんじゃ…」「はい!…

続きを読む

ひよっこ(6月21日)内藤洋子に憧れる坪内と島谷に嫉妬するみね子?

6月21日のひよっこのネタバレ感想は、売れない漫画家・新田の部屋での食事後からスタート。突然、富山から帰ってきた坪内祐二はさておき、早苗姉さんの性格を冷静に分析&解説する島谷君に「まさか、私に惚れてんじゃないでしょうね」「いいえ、喜怒哀楽の分かりにくい人はタイプじゃないので」と、視線バシバシのやり取り。 で?と話の矛先は戻ってきた坪内に向けられ、二ヶ月以上も音信不通で何をしていたのかをカミ…

続きを読む

ひよっこ(6月20日)坪内裕二(浅香航大)初登場。鴨居の大将も注目?

6月20日のひよっこのネタバレ感想は、休日の朝からスタート。みね子の月給も1万円と明らかになり、アパート代が4000円で奥茨城への仕送りが5000円。諸々引いて残り900円で生活しなけれならず、みね子の生活は苦しいのです、お父さん。 あかね荘の共同炊事場。みね子が行くと、そこには久坂早苗姉さんがお米研ぎ。「怒ってない。慣れなさい」と普通に言うも、やはりその雰囲気に圧倒されるみね子。 …

続きを読む

ひよっこ(6月19日)金持ちで将来が決まってるヤツにも悩みはある

6月19日のひよっこは、昭和41年3月、みね子がすずふり亭の仕事に慣れた時からスタート。でも、ハヤシライスをよそうのが苦手で、高ちゃんから「逃げるな!」。 そして料亭に出前を持って行った帰り道、実父ちゃんを目撃したと言われる通りに寄り道して、もの思いに耽るみね子と、それを見ていた慶應ボーイの島谷君。書きづらいので、この通りに名前が欲しいです、「スナック久美」通りとか。 で、昼営業…

続きを読む

ひよっこ(6月17日)久坂早苗と島谷純一郎は犬猿の仲で休日の炊事場

6月17日のひよっこは、すずふり亭閉店後からスタート。男は飲みに出かけ、女たちはみんなで銭湯に。鈴子さんちにお風呂はあるけど、みんなでワイワイするのが好きらしく、まるで乙女寮のノリ。澄子と豊子、それに時子はどうしているのかと、銭湯帰りのラーメン屋台が懐かしいです。 あかね荘の前には、ギターを抱えた和菓子屋のボンボンがやってきてジャラーンとかき鳴らすも、あかね荘の1階に住む早苗姉さんに「うる…

続きを読む

ひよっこ(6月16日)カツ、まだですかぁ?エビフライ、まだですかぁ?

6月16日のひよっこは、すずふり亭で働き始めて数日後の朝6時40分の目覚まし時計チリリーンからスタート。当時の木造アパートの壁は薄く、物音が隣に聞こえてしまう状態。そのために隣の部屋の怖いお姉さんも「目覚まし止めろ!」と怖ろしい目付き。でもなんだかお化粧もしているような顔で、演出さん、もうちょい考えてとシシド・カフカさんの美貌にうっとり。 6時40分に起床ということは、7時30分には厨房に…

続きを読む

ひよっこ(6月15日)省吾料理長マザコン説と鈴子さんの息子溺愛説

6月15日のひよっこは、昭和41年1月4日、仕事始めのお昼の開店からスタート。次から次へと入ってくるお客さんの対応で慌てふためくみね子。水を客のコップに注ぐ横では、ヒデくんがオムライスの皿をお客さんのテーブルに運んで、みね子がすみませんと頭をペコリ。 「料理が冷めるのがイヤだったから」とヒデくんの言葉に、今のみね子にはどんな言葉も厳しめに受け取ってしまうんだろうと同情。そしてあっという間に…

続きを読む

ひよっこ(6月14日)偉そうにするやつが嫌いな赤坂っ子の鈴子さん

6月14日のひよっこは、高ちゃんからホールでの仕事の説明を受けるシーンからスタート。簡単な仕事はない!頭を使って、一回の動きで効率よく!と言われ、一生懸命にメモを取るみね子。その通りなのですが、飲食業界で仕事した経験のある人はここで気付いたはず。 それはテーブル番号の暗記。まずはこれをしっかり頭に叩き入れないと何もできない。でも高ちゃんの一度きりの説明で、どこまでみね子が記憶したかがあやふ…

続きを読む