おんな城主直虎12話感想。政次の裏切りに擁護の声多数で、あゝ無情。

直親の正室・しのがうざいという声を目にして、やはり大河にはきりちゃん的存在が必要なんだと実感した「おんな城主直虎」第12話。「そなたが殺した様なものではないか!」と逆上するしのとは反対に、妹のなつが賢く観えて好感度グングン上昇。山口紗弥加さん、久しぶりのいい人役でよかったよかったと拍手であります。 それにしても、この「おんな城主直虎」は、ある意味、えげつない内容になっているようです。放送開…

続きを読む

おんな城主直虎ネタバレあらすじキャスト紹介。最終回まで掲載中。

出典:NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」公式サイト NHK大河ドラマ第56作目となる「おんな城主直虎」。その感想ネタバレやあらすじ、キャスト紹介を掲載しています。戦国時代を精一杯生き抜いた井伊家のおんな城主、井伊直虎の波乱に満ちた人生を、1年間共に見守ってまいりましょう。 スポンサーリンク おんな城主直虎INDEX タップすると、各回の詳細情報にジャンプします。 お…

続きを読む

精霊の守り人悲しき破壊神・最終回感想。11月の最終章が待ち遠しい。

「いいかい?私の背中から離れるんじゃないよ」、バルサとチャグムの再会に心震えた「精霊の守り人シーズン2人悲しき破壊神」最終回。やはり今期ナンバーワンのドラマじゃったわいと大満足・大感激の夜でした。 それに、シハナのいい人への変身が心地よく、ドラマ当初は「滑舌が悪い」と酷評されていましたが、こうしてみると、あれはあれで良かったんだと、真木よう子さんの見事なアクションシーンと太ももチラリに鼻血…

続きを読む

おんな城主直虎11話感想。ニセ元康がほっしゃんで「今川よしもと」。

検地の時には、今川家からキム兄が出てきて、今回のニセ元康には元ほっしゃん(星田英利氏)が出演。まさに「今川よしもと」だなあと感心した、おんな城主直虎第11話「さらば愛しき人よ」。 次郎と直親、それに政次の笑顔。まるで童心に返ったかのようなほんわかしたシーンからの、一気に過酷な運命に流される終盤の展開。ネタバレを知っていても驚愕の演出で、今までで一番見応えのある回だったという印象です。 …

続きを読む

精霊の守り人悲しき破壊神8話感想と最終回あらすじ。イーハン隠し。

南部の大領主・スーアンは品川徹氏です。冷静沈着にして冷酷なイメージ。でもその息子が富澤たけし?肉を食いながら、何を言っているのか分からない滑舌の悪さに、カルテットだけでいいだろと一人突っ込み。早く軽井沢に帰ってくれと願った、精霊の守り人悲しき破壊神第8話です(褒めてます)。 それにしてもこのキャスティング。国王亡き後、ロタの国内が分裂気味で、スーアンが自分の息子を国王の座にしたがっているの…

続きを読む

おんな城主直虎10話感想。竜宮小僧の危機一髪?走るのは誰なのか?

いやあ、こういう手法で終わるとは思ってもみなかったおんな城主直虎第10話。処刑場に向かう瀬名様を必死で止めようとする次郎法師。そして迫る早馬。跨っているのは誰なのか?というところで「続く」のエンディング。姑息だぞ、NHK!と叫びたくなった3月12日の夜であります。 それにしても松平元康くん。1年以上も嫁と子供を助けに来ないとは…。ぼんやりどころか冷酷さが際立ち、さすが徳川家康だわと納得です…

続きを読む

おんな城主直虎9話感想。映画冷たい熱帯魚の逆襲で高橋一生が不憫。

吹越満氏の息子役である小野但馬守政次に斬られたでんでん氏演じる、奥山朝利。2010年公開の映画「冷たい熱帯魚」の復讐を果たしたような印象で、高橋一生氏が不憫極まりなかったおんな城主直虎第9話。 すでにSNSでは、政次を抱きしめ隊、助け隊なるキーワードも出現して、まるで高橋一生氏がこの大河ドラマの主役のような雰囲気。 スポンサーリンク さすが、セミヌードで世の女性をキャーキャー言…

続きを読む

精霊の守り人悲しき破壊神7話感想と8話あらすじ。残念なアスラ回

先週のチャグム回は非常に面白かったのですが、今回の精霊の守り人シーズン2の第7話。個人的には微妙でした。音量の件もまた前々回と同じように聴きづらく、映像も確かに美しいのですが、なんだか制作スタッフの自己満足のほうが強い印象。 例えば、ナユグの泉にバルサとアスラが落ちるシーン。あの騒動の中から一転して静かで甘美な世界。そしてバルサが目覚めると、そこにはタンダだけがいて、斎場もロタの重臣もイー…

続きを読む

おんな城主直虎8話感想。妊娠催促ハラスメントは常に時代を問わず。

結婚4年で赤ちゃんができない。赤ちゃんはまだ?いつ?と責められる妊活催促ハラスメントの大河ドラマ版だったおんな城主直虎第8話。 いつの時代でも妻の立場は切なくて苦しいのよと、全国のお茶の間で溜息をつく奥様方が多かったのではないでしょうか。 次郎法師の怒りもごもっとも。直親(三浦春馬)が、どこか他人事他人行儀で奥さんに対する気配り心配りが足りない様子。でも、これは妻に対してだけでなく、…

続きを読む

精霊の守り人悲しき破壊神6話感想と7話あらすじ。日曜夜8時枠へ。

「帝国の牙~高良健吾が鈴木亮平を吊るし、板垣瑞生を誘惑する」。新聞朝刊のテレビ番組表。俳優の名前を利用するとは実に大胆だと唸ってしまった精霊の守り人シーズン2の6話。 ヒュウゴ(鈴木亮平)の美しい肉体に見とれ、ラウル(高良健吾)の氷のような冷たさに痺れ、そしてチャグム(板垣瑞生)は海の中へドッポン! 見応え十分の官能的な1時間。 それにしても、大して痛めつけられてもいなさそうなのに、…

続きを読む