おんな城主直虎最終回感想。家康を支えた直政から徳川を倒す西郷どんへ

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第50話(最終回)「石を継ぐ者」の感想ネタバレです。なんだかんだと言いながらも最終回になってしまった「おんな城主直虎」。北条家との和議に奮闘した万千代が、その褒美として元服を願い出て、家康から授かった名前が「井伊直政」。井伊家由来の「直」と小野政次の「政」、その理由を聞いた時の万千代の涙に胸が熱くなり、こちらまで涙腺崩壊。 直親の道中での無念の惨殺、政次が…

続きを読む

おんな城主直虎49話感想。徳川衆のワチャワチャした伊賀越えが可愛い。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第49話「本能寺が変」の感想ネタバレです。確かに“本能寺が変”だった今回の「おんな城主直虎」。織田信長の最期の自決シーンもなく、ましてや本能寺での明智と織田の戦いも一切無し。昨年の真田丸で、関が原の戦いが一瞬にして終わったことを思い出した人も多かったはず。でもこの「おんな城主直虎」、終盤に来てメチャクチャ面白くなっているのはなぜ? スポンサーリンク …

続きを読む

おんな城主直虎48話感想。明智光秀の息子・自然の運命に落涙で今川氏真も

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第48話「信長、浜松来たいってよ」の感想ネタバレです。明智光秀と今川氏真が織田信長暗殺で繋がっていたという話に、目からウロコでびっくり。そしてその密約の証しとして、息子・自然(じねん)を人質に差し出して、自然がたどり着いた先が井伊谷ということで、なんとも大胆な歴史解釈をする森下佳子脚本に大拍手です。 スポンサーリンク それにしても織田信長が武田征…

続きを読む

精霊の守り人シーズン3最終章2話感想ネタバレ。ジグロの過去話だけで60分。

NHK大河ファンタジードラマ「精霊の守り人シーズン3(最終章)」の2話感想ネタバレです。初回1話の視聴率が6.0%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と、「精霊の守り人」のファンとしてはこの低い数字にびっくり。そして昨晩の第2話の、ほぼジグロの過去エピソードだけの回で、派手なアクションもなく、淡々とした作りで、果たして数字は伸びたのか? このままでいくと、大河ファンタジーはこの「精霊の守り人」…

続きを読む

おんな城主直虎47話感想。中野直之の直虎への恋心と穴山梅雪は真田丸

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第47話「決戦は高天神」感想ネタバレです。中野直之が万千代からの召還にすぐに了解の返事をしない姿を見ながら、男がこじらせるとかくもこう頑固になるのかと、単純に喜んでいる奥山六佐衛門との比較も面白く、でも中野直之を演じる矢本悠馬さんがまだ27歳だってことをご存知だったでしょうか? スポンサーリンク 妻の瀬名と息子の信康を、織田信長の陰謀で失ってしま…

続きを読む

精霊の守り人シーズン3・1話感想ネタバレ。ジグロとタンダの兄キャストは?

NHK大河ファンタジードラマ「精霊の守り人」もいよいよシーズン3となり最終章に突入。シーズン2の「悲しき破壊神」で、タルシュ帝国の第二王子・ラウル(高良健吾)から追われる身となった新ヨゴ国のチャグム皇太子(板垣瑞生)。母国新ヨゴ国を守るため、隣国のカンバル王国、そしてロタ王国と同盟を結ぶべく、短槍使いの女用心棒・バルサ(綾瀬はるか)とともにカンバル王国に向かったところからスタート。 そこで…

続きを読む

おんな城主直虎44話感想「意地悪ババアに手綱を握られ万千代、一生の不覚」

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第44話「井伊谷のばら」感想ネタバレです。今までは、直虎が虎松を連れて家康の元に出向き、どうかこの子を家臣に加えていただき、井伊の家を復興させていただきたいと願い出たという認識で、直虎と虎松は一心同体、そんなイメージだったのですが、この「おんな城主直虎」では、直虎と虎松こと井伊万千代が対立するという斬新な展開。このような解釈をするところが歴史ドラマの面白いところ…

続きを読む

おんな城主直虎ネタバレ最終回まで。臨終間際に鶴丸亀之丞龍雲丸揃う?

NHK大河ドラマ第56作「おんな城主直虎」もいよいよ終盤。どんな最終回を迎えるのか、非常に気になるところですが、そのネタバレを一気に書き上げてみました。「おんな城主直虎」44話「井伊谷のばら」45話「魔王のいけにえ」46話「悪女について」47話「決戦は高天神」48話「信長、浜松来たいってよ」49話「本能寺が変」50話・最終回「石を継ぐ者」、ネタバレで知りたくないという方は絶対に読まないでください…

続きを読む

おんな城主直虎43話感想。小姓頭の小五郎はタモト清嵐で恩賞の彼方に。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第43話「恩賞の彼方に」感想です。色小姓であったのかそうでないのか?万千代(菅田将暉)の巧みな成り上がり方法に舌を巻いたおんな城主直虎の43話。小姓頭の小五郎は若いのか老けているのかどっちなんだと、気になったので調べてみました。 徳川家康の小姓頭・小五郎役はタモト清嵐さん。 珍しい名前です。タモト清嵐は「たもとそらん」と読むみたいで、本名も田村清嵐(そら…

続きを読む

おんな城主直虎41話感想。この玄関の片隅で本多正信。真田丸もビックリ

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第41話「この玄関の片隅で」感想です。まさか謎の男・ノブ(六角精児)が本多正信だったとは!「真田丸」の時には、徳川家康の側近として活躍していたことを思い出し、本多忠勝(髙嶋政宏)とはそんなに仲が悪かったような印象がなく、ただ単にそりが合わなかっただけだと思っていましたが、この41話で本多忠勝が本多正信に切りつけようとした場面で、ようやく両者の因縁を理解。藤岡弘、…

続きを読む