おんな城主直虎41話感想。この玄関の片隅で本多正信。真田丸もビックリ

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第41話「この玄関の片隅で」感想です。まさか謎の男・ノブ(六角精児)が本多正信だったとは!「真田丸」の時には、徳川家康の側近として活躍していたことを思い出し、本多忠勝(髙嶋政宏)とはそんなに仲が悪かったような印象がなく、ただ単にそりが合わなかっただけだと思っていましたが、この41話で本多忠勝が本多正信に切りつけようとした場面で、ようやく両者の因縁を理解。藤岡弘、…

続きを読む

おんな城主直虎ネタバレあらすじキャスト紹介。最終回まで掲載中。

NHK大河ドラマ第56作目となる「おんな城主直虎」。そのネタバレやあらすじ、キャスト紹介を掲載しています。戦国時代を駆け抜けた井伊家のおんな城主、井伊直虎の波乱に満ちた人生を、そして直虎を支え続けた小野政次をはじめとする家臣たちや井伊家の女たちの活躍を永遠に記憶したく、どうか宜しくお願いいたします。 スポンサーリンク おんな城主直虎ネタバレINDEX タップすると、各回の詳細情…

続きを読む

おんな城主直虎|小野政次は生きている説・再登場説を検証してみた。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第33話「嫌われ政次の一生」で、壮絶な最期を遂げた小野但馬守政次。演じた高橋一生さんのファンのみならず、その徹底した忠義ぶりに感動した視聴者の間では、いまだその最期のシーンが忘れられず、おそらくはNHK大河ドラマ史上に残る名場面として未来永劫、語り継がれていくことでしょう。 そしてSNSで語られ続けている“小野政次再登場説”。その最大の理由が、NHKの「お…

続きを読む

おんな城主直虎33話感想。小野政次の壮絶な死に様に日本中が涙した夜。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第33話「嫌われ政次の一生」感想です。小野政次の最期。それは直虎による槍の一突き。最期の最期まで、井伊のため小野の大義のために、嘘を突き通した直虎と政次の男女の垣根を超えた熱き友情に感涙。もしかしたら、生き延びていて陰ながらに直虎や虎松(直政)を助けたという演出脚本に期待していたのですが、なんとも壮絶な死を迎えて、涙が出るが言葉が出ない、そんな感想です。そして、…

続きを読む

おんな城主直虎32話感想。小野政次の最期までカウントダウンスタート。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第32話「復活の火」感想です。井伊谷城の城代となった小野但馬守政次が、徳川の軍勢を迎える前、家臣たちに言い放った「井伊を抑えるために小野があり、小野を犬にするために井伊がなくてはならなかった。故に、憎み合わねばならなかった」の言葉に、心が震え、そして政次の晴れやかな表情に、死の影を感じ取った「おんな城主直虎」第32話「復活の火」。小野政次の最期の時へのカウントダ…

続きを読む

おんな城主直虎31話感想。「地獄へは俺が行く」小野政次も風前の灯火。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第31話「虎松の首」感想です。「地獄へは俺が行く」と小野政次の形相。気高くもあり悪魔のようでもあり、残り僅かの出演となった小野政次、いや高橋一生ファンの悲鳴が全国で響き渡った「おんな城主直虎」第31話「虎松の首」。子どもを差し出した百姓の心中、いかばかりかと落涙。 スポンサーリンク 小野政次は残り2回? 「おんな城主直虎」次週の32話のタイ…

続きを読む

おんな城主直虎30話感想。潰されざる者・政次に「退場は望まんに!」

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第30話「潰されざる者」感想です。ラストの「俺を信じろ。信じろ、おとわ」で、次回の「虎松の首」が待ち遠しい!という悲鳴が日本各地で湧き上がった「おんな城主直虎」第30話「潰されざる者」。悲しいかな、小野政次ロスのカウントダウンが始まったようです。 スポンサーリンク 瀬戸方久の裏切り 今川の太守様(氏真)からの命令とはいえ、徳政令の復活に加担…

続きを読む

おんな城主直虎29話感想。女たちの挽歌で貫地谷しほりが女を上げた。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第29話「女たちの挽歌」感想です。貫地谷しほりさんについて、個人的には「龍馬伝」のおさま様というイメージが強かったのですが、この「おんな城主直虎」でイメージ刷新です。“しの殿”とはっきり印象付けられたようで、実に素晴らしい演技。感激しまくりの「女たちの挽歌」です。 タイトルの「女たちの挽歌」は、香港映画「男たちの挽歌」のオマージュ。「男たちの挽歌」について…

続きを読む

おんな城主直虎27話感想。「おとわが気賀を取ったぞ」小野政次に合掌。

「おとわが気賀を取ったぞ」、竜宮小僧に、いや、直親に報告する政次の姿に涙腺が緩んだNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第27話「気賀を我が手に」。瀬戸方久の策も実り、戦わずにして気賀を手に入れた井伊家であったが、この先に待ち受ける過酷な運命との対比が眩しくも悲しい7月9日の夜。 スポンサーリンク おんな城主直虎27話「気賀を我が手に」感想 すでにSNSでは小野政次の最終出番の回の…

続きを読む

おんな城主直虎25話感想。碁盤の手とバックハグ。政次の官能の世界

今川からの無理難題。それに知恵をめぐらす直虎と政次。二人がまるで対面しているかのうような碁の場面。BGMもカット割りも重厚で深みのある世界。これだ!この世界を待っていたぞと拍手喝采の「おんな城主直虎」25話「材木を抱いて飛べ」。「おんな城主直」の名場面と記憶されることでしょう。 スポンサーリンク おんな城主直虎25話「材木を抱いて飛べ」感想 小国ならではの苦悩と、それからの…

続きを読む