山口達也メンバーって何?被疑者との違いとは?メンバー表記の是非アンケート

4月25日の夕刻に速報されたTOKIO・山口達也メンバーによる、女子高生に対する強制わいせつ容疑での書類送検された事件。

どのテレビ局でも、はたまた大手新聞でも、ほぼ全てが「山口達也メンバー」という表現を使って報道されていますが、一体「メンバー」という呼称は何なのか?

以前もジャニーズ事務所所属のタレントの不祥事事件の折に、稲垣メンバーだったりくさなぎメンバーであったり、「メンバー」表記が使われておりました。

ネットを調べて見ると、ほぼこんな意見に集約されるようです。

ジャニーズ事務所所属のタレントが不祥事を起こした場合、報道各社は◯◯容疑者◯◯被疑者と呼んだり書いたりする代わりに「メンバー」という表記を使うことが慣例になっている。

これは、芸能マスコミ業界に多くの影響力を持っているジャニーズ事務所に対する“忖度”の意味合いが大きい。

こんなところでしょうか。さもありなんと思われますが、こんな忖度は不要だと思う庶民の一人です。一般人で犯罪を犯した人を容疑者被疑者と呼ぶのは当たり前で、ジャニーズ事務所の人間は「メンバー」と呼称する報道マスコミ。

日本のジャーナリズムは何処へ?という感じでしょうか。こんな変なことをしているから、マスコミへの不信感が益々助長されるということがなぜ分からないのでしょうか。いや、分かっていても「メンバー」呼称をしているのであれば、日本の報道マスコミが抱える闇は深い、そんな印象です。

こんなことを感じているのは、少数派なのかどうか、皆さんの声を知りたく、緊急アンケートを実施させてください。

参考までに、山口達也氏は現在のところ、「犯罪を犯したのではないか」と疑われて捜査中かつ公訴されていない人なので、その呼称は「被疑者」が正しいかと思います。


山口達也メンバー
スポンサーリンク




スポンサーリンク







この記事へのコメント