志村どうぶつ園のわさお。菊谷さんの遺言ビデオを見せる見せないの判断

1月20日放送の日本テレビ「天才!志村どうぶつ園。ブサかわ犬・わさおの飼い主・菊谷節子さんが2017年11月30日未明に亡くなられ、わさおや妻のつばき、そしてちょめのその後の様子が放送されましたが、菊谷さんの、残されたわさお達への愛情が心に沁み、愛犬家ならずとも涙がこぼれる内容になっていたかと。わさお達を本当の自分の子供のように接した菊谷節子さん、享年73歳。そのご冥福を心からお祈りしたいと思います。

そして菊谷さんは、わさおに遺言状を残しておりました。体調が悪くなっていた2016年に、日本テレビの取材ディレクターさんに頼んで、病室でビデオ撮影という形でそのデータが残していたのですが、それを今回、菊谷さんのご家族に見せて、わさおに見せるべきかどうかが話し合われておりました。
(C)https://twitter.com/WASAO_official
出典:わさお公式ツイッター

菊谷さんのご主人は見せてあげたい、息子さんは見せないほうがいい。結論が出ないまま、時間が流れ、二度目の話し合いで、やはり見せないほうがいいかもしれないと菊谷さんのご主人。

このことで意見が分かれた視聴者の方も多かったはずです。菊谷さんが居なくなってからご飯も水も食べないようになってしまったわさお。それがようやく落ち着いてきたのに、今また菊谷さんの姿と声を見たり聞いたりしたら、体調や精神が狂ってしまうのではないかという不安。

一方で、わさおのことを片時も忘れなかった菊谷さんが、わさおにどうしても伝えておきたいからと残した遺言ビデオ。菊谷さんの思いを尊重してわさおに見せてあげたいという考えもあり、どうしたものかと。

これは菊谷さんご一家の判断に任されるべきことで、部外者があれこれ口を出す問題じゃありません。ただ、人と犬、犬と家族という視点から考えると、自分ちだったらどうすべきか?と考えることが大切なんじゃないかと思うわけです。

犬は人間よりも、もの凄く早くその年齢を重ねていきます。わが家の愛犬もすでに7歳。人間で言えば中年親父ということで、突然病気になってもおかしくない年齢。菊谷さんとわさおの姿を観ながら、飼い主のあるべき姿を模索する日曜の朝です。

わさおは今、ここにおります(青森県西津軽郡鰺ヶ沢町南浮田町美ノ捨59)



スポンサーリンク




スポンサーリンク







この記事へのコメント