リバース6話ネタバレ感想とあらすじ。予想は浅見先生・主犯説です。

藤原竜也さん主演のTBS金曜ドラマ「リバース」第6話のネタバレ感想とあらすじをまとめてみました。まず、ここまでで一番犯人ではないかと思われたのが浅見先生(玉森裕太)。愛媛まで深瀬(藤原竜也)とともに行動したのは、深瀬を見張るためではないか?と思った「リバース」第6話です。

リバース6話あらすじ


「リバース」第6話のあらすじは、亡くなった広沢(小池徹平)のことをもっと知るため、そして母親である昌子(片平なぎさ)の行動を確認するために、広沢の生まれ故郷の愛媛に向かい、そこでの出来事が中心でした。

でも、昌子も父・忠司(志賀廣太郎)にも不審なところはなく、愛媛には何も情報が残されていないと思った矢先の同級生たちからのバッシング。それに古川(尾上寛之)という広沢の親友だという男の存在も明らかになり、ますます謎が深まったような印象。
スポンサードリンク



リバース6話ネタバレ


行方不明だった村井(三浦貴大)は、一軒家と思われるところに監禁されていました。しかも見張りなしでドアが施錠されたままの状態。ということは、監禁した人間はどこかに行っているということで、この時点で浅見先生の仕業だと思い込んでいます。

浅見先生、広沢の事故の時に、証拠隠滅を謀ったと深瀬に告白もしていました。車が墜落した場所にあった血痕を捨て去っていた行為。でも、ここに大きな謎を感じたものです。なぜ血痕なんだということ。

広沢の車が自損事故で崖から落ちたなら、誰の血痕なのでしょう? ガードレールにぶつかった程度では、運転手である広沢が大量の血痕を流すはずもなく、しかもそれが車の外に出るなんて有り得ない。

もしかしたら、誰かを轢いてしまった血痕なのか?

リバース6話感想と犯人予想


明日香(門脇麦)の告白によって、以前に浅見先生が事故現場を走り去る村井を観たという証言、これが正しいことが証明されました。よって、広沢の墜落事故のことについて、村井はまだ何かを隠しているというのも明らか。それが理由で監禁されているということでしょう。

これらを含めて考えると、単独犯ではないという想像が膨らむのを禁じ得ません。浅見先生が一番怪しいのは間違いないと思うのですが、でも一人で全てをやれるはずもなく、協力者が必ずいるはず。

そう考えると、今回初めて出てきた古川(尾上寛之)と、広沢の彼女だったという女性の存在が非常に気になるところです。その女性を演じるのは夏菜さん。微妙なキャスティングです。言葉が悪いですが、もっと大物女優がキャスティングされていれば、この女性も共犯と予想できるのですが、う~ん。

ということで、シェネルが歌う「リバース」の主題歌「Destiny」です。この曲を聴きながら、リバース6話の余韻に浸りたいと思います&来週も宜しくお願いいたします。
スポンサードリンク



リバース6話みんなのネタバレ感想まとめ


まだ広沢生存説と戸田恵梨香あやしい説をあきらめてないぞ! 前々から海外にいきたかった広沢は、自分が死んだとされたので、これを機に海外へ!ってあれ…遺体あるんだっけ 昔の友達なら、昔に復讐してるはず。“いま”深瀬と親しくなった戸田恵梨香あやしす。

深瀬の脅迫は別件… 犯人は深瀬は関係無いと思ってる? 深瀬は何者なんだろう。 親友が死んで、取り調べで泣き悔やんでいたのに。 お酒隠蔽の土下座に3回忌で終わった墓参り。 何も出来なかった。 止められなかった。 あんなに悔やんでるのに10年何もしなかったのはなぜ…

浅見・・・生真面目な性格ゆえ、ずっとずっとあの時の事を10年背負い込んできた。これまでは自分でなんとかするカラーが濃かったけど、少しずつ深瀬との絡みが多くなって、そのクールな中にも温かみが垣間見れるようになってきた。真相はひとつ!その苦悩が晴れる日はやって来るのか?

明日香も実はもっと沢山自分の兄に問いただしたい事があっただろうに、その圧倒的な圧力に負けてずっと10年間封印してきたものがあったね。深瀬やあさみんなら、と思い始めて少しずつ封印を解き始めたけど、事件を解くには実はかなり重要な断片を握ってるようだね。

リバース見返してるけど浅見先生と谷原が隠蔽した血痕が謎。車でガードレール突き破って落ちたなら雪の上に血痕なんて落ちないよね?先にその場に居た谷原が何を見たのか気になるのと同時にこの時の玉森裕太の一瞬葛藤する演技にグッとくる。

「俺がやったのはドアに張り紙と手紙1通、それだけだよ!」ってストーカーが言ってた やっぱり襲ったのはまた別人なんじゃ?! 最初の、藤原くんのドアの張り紙の人殺しはそのストーカーがやったんだよね?他の3人は違う人がやった 人殺しの張り紙被るなんて事ある?

自分の教師としての在り方に自信が持てずに「教師辞めた方が良いのかな…」と悩む浅見先生だけど、自分の罪に後悔があるなら、余計に教師という道から離れては欲しくない。日々、生徒と真っ直ぐにぶつかることが浅見先生が広沢に出来る償いなような気がする。

リバース原作は結末があれであってこそのリバースなので、ドラマも絶対原作と同じ結末を辿るとは思うんだけれど、原作の後の深瀬達を書いてくれると予告してるので、本当それが楽しみで仕方ない。

深瀬と小笠原が何度も接する内に仲が深まって、絶妙に良いコンビ感出してるのもおもしろい。最初はあんなに小笠原に怯えてた深瀬だけど、今は慣れて、強気にも出られるようになったし、信用に値する出来事もあった。しかし小笠原の情報網すごい…そして小笠原の過去も気になる…

高校の同級生で彼女だった「カワベ」が美穂子でなくなってる時点で、美穂子の初登場は大学時代にするつもりなのかなー?「かわちゃん」と「カワベ」は別人って事にするのかな? 湊さんの本もドラマも伏線はりまくりだからよくわかんないな。でもあの衝撃だけはドラマに生かしてほしいw

やばい。湊かなえ原作 『リバース』 ラスト1行で全身凍りついたわ。 リバースってそういうことなのね。 これ、ドラマ版のラストも楽しみになってきたな。

原作とちょっと違う感じで進んでるところがあるから最後どうなるんだろ。原作と同じになるのか違う結末になるのか。気になる…

村井がタクシーを止めて外で電話してる場所、浅見たちも通ってた道と同じだね。浅見が運転する車が揺れて、谷原が対向車が来たらどうするんだよって話してた時に通ってた、小さな橋。村井のいた場所、浅見と谷原がいた場所、車が爆発した場所、位置関係もいまいちよくわからない。

今日の情報からして予想はあたってたがストーカーが捕まったことが納得できない。 ただ血がでてるのは広沢じゃないとすると窃盗犯 んーだとすると車は何故動いたのか。 なぜ事故ったのか。 広沢はどこで死んだのか。 全くわからん

ドラマ「リバース」の6話観た。原作とだいぶ方向性が…犯人(何を持って犯人というのか微妙だけど…ここでは広沢の死の原因を作った人としておく)は同じで、その周りで起きてる伏線的な事件(とその犯人)を加えてくる感じで終えるのかな?原作の終わり方衝撃だけどどう収めるんだろう?

深瀬、深瀬、谷原、浅見、村井、明日香と続いた冒頭の独白。このシーン、衣装がベージュ・白・グレー系の服でみんな統一感があるのも意味があるのだろうな。秘めていた本音を語っているような印象。リバース公式HPは白と黒の2パターンのトップページがあるけどリンクしてるのかな。

今思ったけど、広沢さんがあの車に実際に乗ってたとは限らないよね、めっちゃ雪降ってて視界悪い中あの車まで迷わずにたどり着いていたのかどうか。

でもおかしい。血痕が広沢のだとしたら、刺されたのだとしたら、半年後に遺体が見つかっても、刺された痕は検死で分かるよね!?広沢の血じゃない?あんなにあちこちに血痕が飛び散ってたんだから…。ってもしかして浅見の証言も嘘で血痕なんか無かった?

6話で明らかになった犯人は美穂子のストーカーであり今回の広沢の事件とは無関係だったっていうのはようこそ我が家へ寄りだよね。便乗して罪を犯してたってことっしょ? 村井を監禁してるのも広沢の事件とは無関係なのかなぁ

村井くんは奥さんに監禁されてるくさい(>_<)

SNSで収集したコメントの一部を抜粋しました。
スポンサードリンク



リバース6話視聴率


リバース6話 %(5月19日放送)
リバース5話 9.0%(5月12日放送)
リバース4話 8.6%(5月5日放送)
リバース3話10.5%(4月28日放送)
リバース2話 6.3%(4月21日放送)
リバース1話10.3%(4月14日放送)
(ビデオリサーチ調べ:関東地区)

リバース次回あらすじ


事件の真相を追い愛媛にいた深瀬(藤原竜也)は、広沢(小池徹平)の親友だったという古川(尾上寛之)という男に出会う。自分の知らない広沢の一面を知らされ、また、自身に対しコンプレックスを抱いている古川の姿に自分を重ね、複雑な気持ちを抱く深瀬。そして、広沢の同級生らの協力もあり、かつて彼と付き合っていた女性が東京で働いているという情報を得た深瀬は、その女性を捜すべく愛媛を後にする。

そんなある日、ようやく意識を取り戻した谷原(市原隼人)の元に浅見(玉森裕太)とともに見舞いに訪れた深瀬。谷原を突き落とした犯人は、自分たちに告発文を送ってきた人間と同一なのではないかと疑う深瀬たちだが、谷原は事故当時の記憶が曖昧だ。また、何かを隠しているかのような態度をとっており…。


(C)TBS「リバース」
出典:TBS「リバース」番組公式サイト


スポンサードリンク





この記事へのコメント