おんな城主直虎18話感想。小野政次(高橋一生)の助命嘆願運動始まる。

柴崎コウさん主演のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第18話の感想です。今回、孫子の兵法書の1節「敵を欺くには、まず身内から」を眼にして、ようやく政次の本心を知った直虎。でも、それを否定する政次とその真意を汲み取った直虎の口から出た言葉に、なんともめんどくさい2人だと思う一方で、時代がそうさせたのかと、先人たちの苦労に頭が下がる日曜夜。
(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」18話  小野但馬守政次

おんな城主直虎18話ヒロインは政次


井伊の中で、唯一無二の嫌われ役。今川家の目付けとして井伊家を見張るという役割を持ちながらも、その真意は井伊家を守ること存続させることだということが分かった第18話。その切なくも悲壮な決意は観ていて涙が出そうなくらい。まさに「おんな城主直虎」のヒロインは高橋一生さんであるなと。

でも、その身だけでこの重責はちと重過ぎると思うのです。しかもここ数回は、登場人物が固定されていて、新鮮味が無いというか、刺激が無いというか。

武田の嫡男が軟禁されたというのであれば、武田信玄もしくは勝頼がほんの少しでも登場していれば、より井伊家の追い詰められ感も増し、それに小野政次の苦悩の深さも描けたはずなのにと、少々残念な面も。

面と言えば綿の初収穫。今回の大河ドラマは、武将のみならず、当時の百姓の暮らしぶりをきちんと描写しているのが最大の特徴で、これはこれですごく良いのです。

でも、物足りないと感じる向きが多いのも事実。物語の骨となる井伊家存亡の危機を、小野政次だけに背負わせる演出・脚本に、「小野政次(高橋一生)の助命嘆願を!」という声が、SNSで大きくなるのは必然かもしれません。

ということで、このブログでも「小野政次の助命嘆願を!」 に一票を投じて、次回に期待したいと思います。

最後に、なんとか盛り上げようと奮闘する瀬戸方久・ムロツヨシさんに敬意を表して、Panasonic リフォームCM動画です。日頃の頑張りに、ご褒美なのでしょうか?我らが石田ゆり子様とご夫婦役です。

スポンサーリンク



おんな城主直虎18話「あるいは裏切りという名の鶴」みんなの感想


18_001.jpg
孫子読むのにくたびれてる直虎に、笑ってアドバイスする直之くんの描写がすごくいい。「それがしも読みましたが」なんか一言も言わせないのがいい。でももう読んでる落ち着きがそこはかとなく伝わってくる脚本演出がすごくいい。

「今更嫁にもろうて欲しいなどと言われても 願い下げですぞ」 「すずめちゃんコロッケデートしてくれるの?幸せしかないなぁ」 この2つは同義語

大人になって、政次に奥山との結婚話が出たときもおとわに相談。それも、亀とおとわへの心配だし。 井伊谷での小野家の立場が厳しいだけに、おとわと亀との友情は心の拠り所なんだろうな。

但馬(政次)からの深いメッセージがありました。「大国に囲まれた小さい国を守る為には…断固として戦わぬことこそが大事・・・」と。 今の私たちの心にも届いた…「平和憲法を断固として守りなさい!!」と…

面白くてつい史実を先に確認してしまった。ずっと対立すると予想していた直虎と政次が和解。すると、今後の予想は井伊家を守るために合意の上、徳川方と今川方に分かれると予想。知っていて斬る。関係萌えの人には刺さる展開だ

嬉しいけど「史実は残酷」を胸に刻み戦々恐々としながら視聴する日曜が再びやってくるのだよな…あぁ脚本が神だけど悪魔なんだもん…落としたと思ったら上げて上げて輝かせて殺す…残酷……でも神

政次も、井伊を守りたい気持ちを直虎に悟られたと理解しながら、でも直虎の乗っ取り家老め共闘しようよ芝居に乗るんだな。お互いに真意を口に出さず、敵のようなふりをしながら同じ方向を向いて共に進むんだな。君ら大人だな…大人、めんどくさいな…

前回、虎松の教育方針で若干しのさんが直虎を認めたことにより、今後のしのさんのツンデレポジションも想定内になり…つまり、例え政次が退場しても、暴走直虎を嗜める後任はいるわけで…政次、今の短い蜜月?を謳歌して欲しいな…と朝から現実逃避な連休明け。

直虎が政次の真意をわかって良かった!なんだけど…井伊を守る為に自分を殺し盾になった根底にある政次の直虎への溢れんばかりの愛情にはとうとう直虎は気づかなくて… 直虎どんだけ鈍感なんだよ… 政次の優しさや強さにはいち早く気づいているのなつさんがMVP

子どもの頃、おとわと鶴の夫婦約束の話を鶴は断っていていて断っても弟に話が行くだけだと言われても揺るがなかった。父の所業に心を痛めたこともあったのだろうけど、おとわも亀も悲しませたくない鶴はこの時から自分の芯ができていたのだろうなと思う。

それにしても「今さら嫁にもろうてほしいなどと言うても願い下げですぞ」…もう政次ったら直虎はたぶん頭の隅の隅にしかない遠い記憶であろう幼少期の婚約とか「還俗して俺と一緒になるか」を根に持ってやがるだろじゃないと“今さら”って出てこないだろ…可愛いやつだな…

親父と一緒だろう、と言われる鶴。同じかもしれない。鶴の父親も、井伊谷を守りたかったのかもしれない。井伊谷の人たちに伝わらないのつらい。

直虎がズバズバと政次の本心を言い当ててる間、瞬きの回数がハンパなくなるお芝居がスゴイ←語彙 直虎の…そうであろ?の絶妙な間、政次の本心をまくし立てた後だからこそ、効いてくる。 井戸でのあのシーン 魂をぶつけ合ったお芝居と表現されていたの、ホント納得。

毎週のように呟いているけど「不憫すぎてつらいのでそろそろ最初から最後までハッピー野郎な高橋一生が見たい」とカーチャンに言ったら「えぇ~、それはないわ」って即却下されたカーチャンつよい

今回で半分は伝わった政次の真意、「最後」には、全部伝わるのかなー。 「伝える」のかなー政次…って思うと、見ても居ないのに今から泣きそうになる

井伊的には一先ず良かった、的な展開だった「裏切り~」だけど、多分一番割食っただろう刀鍛冶?さんの存在も忘れないで上げて欲しいの… 五平「家の都合に振り回されて売り飛ばされてしまったで御座る。解せぬ」

しのちゃんがおとわにムカつくのめっちゃわかる。おとわは元々アホの子な上に寺育ちだし、で女子のカタチをした女子じゃない何か…だから同じ土俵に上がってこない。なのに逆ハーレム状態。これが恋敵じゃあムカつくだろうな…。

鶴は予想の斜め上のぶっ飛んだ反応するおとわちゃんが好きだったから、これでいいんだって一夜明けて思う。よかったね、政次。

直虎今回良かったなあ。政次少し報われた。やっと直虎と相対せず共闘できるわけだね。今まで政次を感情的に敵視していたから政次の思惑や別の面に気付かなかった。書物の力を借りると自分がフラットな気持ちで物事に対することができるのかもしれない。と思いました。

ここからしばらくは、直虎と但馬の共闘を見せて貰えると信じて、楽しみにしています! そして、協力していく中での2人の関係の変化も楽しみ。 そして1番は、鶴の最期をどうえがくか… 森下さんは、どんな形で、鶴の生をえがききるのか… 楽しみ!!

直虎が政次の本意を汲み取り違いをしてる様でモヤモヤしたけど、2回目見て気づいた。 仲良しゴッコっでは政次の努力が無になると言われて、騙されたままの形を保ってたんだって(;ω;) もしかしたら直虎は政次の気持ちまで理解してるかな。繰り返し録虎確認してみよう。

直虎が、あえて "但馬" と呼んだのも良かった。

政次退場回ってさ… 山南さん退場回 忠正叔父さん退場回 重盛退場回 勝頼退場回 なみの覚悟が必要だよね(絶望)
(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」18話  小野但馬守政次
政次ロスの惨事が大惨事になる方向に舵が切られました… 皆様、お心の備えを

一夜明けて、政次が皆の業をひとりで引き受けて、ゴルゴダの丘をゆっくり登っていくキリストのように思えてきた。さて、来るべきあの回の題名はなんとしよう?小野但馬守政次スーパースター、しか浮かばない語彙力に撃沈するGW明けの月曜の朝。

【私には怨みを後生大事に抱える贅沢など許されますまい。また、瀬名殿にも文を書きたいと思うております】直虎は、井伊を守るためには何でもしたい。瀬名だって直虎が嫌いだから裏切ったのではない…また瀬名と会える時がくればいいね。

「政次は直親を裏切っても井伊を守ろうとした」って言うのは違う。直親1人が責任取れば井伊を守れると思って、だから脅しの兵で囲ませて、戦うなってメッセージ送ったんだよね。 父親がさな1人差し出して井伊が助かるのなら…って考えたのを覚えてたんだろうなぁ。

高橋一生さんの役者としての凄さもあらためて実感できた回だった。立ち方、表情、目線、しぐさ。 そこへの照明の当て方、カメラワークも素晴らしく、さらに表現を深める。だからといって決して直虎の凛々しい美しさや存在感の邪魔をせずにドラマに奥行きをもたらしている。お見事!

天皇の料理番の宇佐美さんといい、南渓和尚といい、主人公の相談役を演じさせたら、こうもいぶし銀の演技が光る 俳優さんは他にすぐには思いつかない。 小林薫さんが言うと、素直に聞き入れ、セリフに重みと深みを感じ、その言葉の意味を知ることにドキドキワクワクしてる。

井戸のシーンは直虎が和尚に「政次の積み上げてきたものを無にしないように(概略)」と言われたことを守ろうとするあまりなんか気を張って睨み付けるようになっちゃってるのが、そこも込みで政次にはわかってるんだろうな~、と勝手に推測。おとわらしいなあ、とか。

やはりそうだった。政次はこれまでもずっとただひとり胸の奥で直親と語り合ってきたのだ。井伊を守るため、心ならずも直親の命を差し出す後押しをしてしまったことに対する慚愧の思いからずっと、政次の心の中には直親がいた。

商売で窮地をすくった方久。ムロさんの顔が映る映るw寿桂尼さまが心配。 直虎がやっと政次の真意の一端に気づいた!途端に問い詰めちゃうんだなあ^^; うろたえる気持ちを抑えて振る舞う政次の表情変化が見事でした。続けて見た2回分、昊天兄さんが元気で嬉しいなあ。

第三者として周りから見てる視聴者としては、母上様は実は政次の直虎に対する想いをわかっていて、直虎にカマかけてるんじゃないかと穿った見方をしてしまう…。なぜなら、子供の頃からずーっと我が子と遊んでいてくれた男の子がどんな子かなんてわかってるだろうしさ。

次郎になってからの10年はドラマでは一瞬だったけど、その間の鶴とおとわの小話欲しい。小説外伝出して。鶴の元服とかさ、なんか色々あったはずなんよな…

政次さんが妻を娶らないのは、悲しませたり辛い目に合わせたりしたくない大切な人を増やしたくないからだよね?

「某はしくじった時のための備えをしておきます」とさらりと返す直之に惚れましたよ。キャンキャン吠えてた小型犬にしか見えなかった初回から、実はバリ強くて、懐深くて、心優しいメチャクチャいい男っぷりがどんどんでてくるね

今年の大河は、子供編が長かったから途中退席しそうになったんだよね。そこをグッと座り直しさせてくれたのは、高橋一生くんだったなぁ。官兵衛の九郎右衛門と違った方向の忠臣ぶりに毎週釘付けですよ。いい役者さんだなぁ。

史実は変えないだろうから政次、最期は今川方家臣として松平に処刑される路線だろう。 政次は身を盾にして、一身に〈わるもの役〉を引き受けて、直虎と井伊を護る。つまりおとわの立場を政次の血で贖うんだな。既に役の種明かしがされた直虎には辛さしか残らないんだな(妄想です

ああ政次、井伊を守る為に味方を欺いていることは直虎に気づかれたけど、なぜ井伊を守りたいのかは気づけれてないな。孫子に書いてないからな…

①南渓和尚の言うように「政治は仲良しごっこでするものではない」というのがよくわかる回。政次の行動が欺くという「作為」によるものだということに直虎はようやく気づき、直虎もまた目付としての政次の立場を利用して、情報収集とその分析に使うという技術を思いつく。

②これはまさに「技術としての政治」で、孫子の兵法のみならず、どこかマキアヴェリや荻生徂徠の政治論にも通じる。直虎が政次の真意を理解したことで、苦労も少しは報われるだろう。だったら、「政次が嫁を貰わない気持ちがなぜなのかも気づいてやれよ」という課題が残るがw

好きな女の子に、「今更嫁に貰ってほしいと言ってもお断りしますよ。」ってカマかけては「はあ!?」とキレられ。守りたいのに「女だからと守ってくれなくていい!」と言われ。政次さん苦しいだろうなあ……。でもそれが直虎の良さだから何も言えなくなるんだよね…。

なつの相談にも直虎の問いかけにも「政次ではないから分からぬ」と答えていた南渓和尚が口にした「あれは優しい子じゃ」という言葉が何よりも胸に響いた。ずっとずっと見てきたからこその言葉だなあ。

駿府で色々とマズイ状況を聞き、すぐにでも帰って策を練りたいだろうに、なつと亥之助へのお土産を忘れない政次の優しさよ…。どんな顔して選んでたんだろう。ひとりで戦う政次に少しだけ仮面を外せる時間をもたらすふたりが尊い。

政次っておとわ以外の女性を異性として見たことあるのかなってぐらいおとわへの想いが一貫してていい

"われを上手く使え"とか"直親の写し身とすることを己で決めた"とかって言ってる時、BGMに亀の笛が入ってるのよね。だからなのか、話してる内容はがっつり政の話だけど"おとわ"が"鶴"に話してるように思える。それは狙ってるのかな…?

思い出の場所で直親に語りかけるリリカル政次のシーンでいつこの前の亀が出てくるかと待っていたが、亀の歩みより、やはり人間である直虎の方が早かったわけで。

直虎が政次の袖をぎゅっと掴むシーンは、乙女な漫画のシチュ以外の何ものでもないよね。脚本家さん、または、演出さん、「昭和の乙女」だよね?ね?
(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」18話  直虎と政次
政次に斬りかかろうとするゆきのじを必死で押さえる直虎さん。ホント噛みつこうとするポメラニアンを押さえつける飼い主ですね。「これ!やめなさいポチ!」(ポチじゃないけど)

いまひとつストーリーが盛り上がらないのは、歴史上は大して重要でない井伊家内部のお話に焦点を当てていて、「まあ、組織は人が作るのだから色々あるよね」というレベルの感想しか出てこないからでしょうか。

敢えて、歴史をベースにしたものではなく、普通のドラマ(フィクション)と考えると、もう、めちゃくちゃいい回。そして、タグツィートから政次の今後を予想して、「助命嘆願」待機。

かつて政次が守れずに裏切り殺してしまった直親をその身に宿した時点でもはや直虎は政次の魂そのもの…幼馴染で愛しい女で主君で秘密を共有する相手 わかった、もうこの人守り切れたら自分の命なんかどうでもいいわ、うん、彼の人生を見届ける覚悟ができてしまった気がする

高橋一生の表情がすごい。新選組!から気になってた俳優さんではあるし、風林火山、軍師官兵衛も 観てたけど、今回はかなりきてる。これ政次が退場してからが非常に心配になるくらい引っ張ってる。赤マフラーになって、官兵衛の時のように最後まで主君のそばにいてもらえませんか?

ただ、祐椿尼様の「なぜ未だに嫁を貰わないのか」という疑問は「本意」の核心をつくであろうだけに今後の重要な伏線になるような気がして。 「何故嫁を貰わぬ?」と無邪気に尋ねる直虎→「我が殿にだけは絶っ対申しませぬ」と切なく笑う不憫政次を妄想してしまった。萌え。笑

しかし直虎さん、色恋沙汰に本当に鈍感なのだけど、直親のことも幼い日の夫婦約束が無ければ意識していたかどうかも怪しく思えてきたw 夫婦約束がなかったら直親のことも幼なじみの1人ぐらいの意識しかなかったかも

おんな城主直虎 の視聴率についてですが、 かつて最悪の視聴率と言われたちりとてちんが、朝ドラのDVD売上記録を塗り替えたり、ファンの集いやることになったりしたから、あんまりNHKも気にしてないんじゃないかと思ってます
(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」18話  小野但馬守政次
※SNSで収集したコメントの一部を抜粋しました。また、ブログ中の写真は全てNHKに権利がありますことを予めご了承願います。

おんな城主直虎ネタバレあらすじキャスト紹介。最終回まで掲載中。

スポンサーリンク






この記事へのコメント