NHKプロフェッショナルまめ蔵(柴犬)の訓練士・中村信哉さんへの批判について

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」、2018年1月29日は「ワンちゃんスペシャル」ということで、犬に関する仕事をされているプロフェッショナルの方、4名の様子が放送されました。特に反響が大きかったのが、犬の訓練士である中村信哉さんの仕事ぶり。

柴犬まめ蔵の吠え癖噛み癖は相当なもので、ベテラン訓練士の中村信哉さんも悪戦苦闘しておりましたが、その訓練ぶりが視聴者の意見を二分したようで、放送終了後は、やり過ぎだ、虐待ではないのか、という声がSNSに溢れ、そして時間とともに中村信哉さんを援護する声も呟かれたようです。

個人的には、初め観た時はおや!と思いましたが、放送の中で、8割の犬が社会復帰できている。そして社会復帰できなかった(訓練が成功しなかった)2割の犬は、自ら引き取って最期まで世話しているという中村信哉さんの言葉を聞き、決して誰も批判できないと思ったものです。

まず、犬に対する覚悟と責任感が違う。中村さんのところに預けられた犬たちは、訓練が成功しなければ殺処分される可能性が高く、それを水際で防いでいるのが中村さん。

しかも他の訓練士が躾し直せないと投げ出す犬も預かっているという状況を考えれば、いとも簡単に虐待だなんて決して言えないと思うわけです。もしどうしても虐待だと言うのであれば、アナタがあの犬たちを引き取って訓練できるのか?と。

我が家の長男犬も、幼い頃は噛み癖があり、他人様を噛んだらどうしようかと悩んだ時もありました。そして、ある時、右手をふいに噛み付かれ、怒り爆発した小生は、その拳をワンコの口の中にぐりぐり押し込んで、「噛んだらダメだ!」と怒鳴ったことを思い出しました。

ダメなことはその場ですぐに教えないと効果がない、パピー教室の先生に言われていたので、手から血が流れ落ちてもそのままグイグイ。

他人から観たら完全に虐待だったかもしれません。でも、その出来事があってからは噛むことは無くなり、お手や伏せもできるようになったものです。

人の子育ては人それぞれで、赤の他人がとやかく口を出すもんじゃありません。でもやり過ぎの場合には、第三者が立ち入ることが認められている今の人間社会。

それじゃ、犬の育て方ではどうなのか? 犬と人間の有り様を今一度、見つめ直したいものです。


NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」2018年1月29日放送
「ワンちゃんスペシャル」

●登場した方々

トリマー・小島麻里さん
ペットサロン「スープ・スプーン」

獣医師・小林哲也さん
日本小動物医療センター(埼玉県所沢市中富南2丁目27-4)

ブリーダー・大村敏記さん
プードル専門犬舎「スマッシュプードル」

訓練士・中村信哉さん
北栃木愛犬警察犬訓練所(栃木県大田原市羽田153-7)
(C)北栃木愛犬警察犬訓練所

「プロフェッショナル仕事の流儀 ワンちゃんスペシャル」見逃した方は、再放送があります。

2月2日(金)午前0時10分~1時23分(木曜深夜)
スポンサーリンク





スポンサーリンク







この記事へのコメント