ひよっこ(5月20日) 失踪した実が東京に。記憶喪失説が最有力に。

5月20日のひよっこは、谷田部家での奥茨城女子会からスタート。お母ちゃんたちの想いにもらい泣きをしていたら最後の実の登場で全てが吹っ飛んでしまったような印象。どうして失踪蒸発したんだ?今まで何をやっていたんだ?その格好は何なんだ?と、ゆっくり週末を過ごせない実の謎であります。

で、ちょっと冷静になって奥茨城女子会の振り返り。●きよさん革命 ●時子落とし穴事件 ●美代子の前で亭主の話する時は気を遣わなでいい ●三男が上手くいっているはずがない ●みね子がしっかりしたのは私のせいと、できるなら替わってやりたい。そしてお母ちゃんズ3人大泣き。

場面変わって向島電機。●昭和40年7月 ●夏服が無いので熱い熱い ●向上心がない澄子 ●お父さんを忘れかけてる、ごめんなさいとみね子。

という感じで、ラストの赤坂(?)の街を歩く実の背中がドーン。顔のアップになると、そこには感情を無くしたかのような実の姿があり、どうした?何があった?誰に買ってもらったのよ、そのスーツ?と、日本全国で総ツッコミ状態。

これまで実の失踪理由については、さまざまな意見が出てきていましたが、今回の実の再登場で、記憶喪失説が最有力になってきた感があります。なんと言ってもあの無機質な表情ですから、さもあらんかなと。

でも、これがもし、記憶喪失ではなかった場合にはどうなるのか? 記憶喪失と思わせておいての実正気説も有り得るのでは?と観ております。
(C)NHK「ひよっこ」5月20日 実

果たして、視聴者の皆さんはどんな感想を持ったのか?集めてみましたのでご参照ください。と、その前に、実が生きていたことを祝って「believe believe」をどうぞ。実生存説を信じていて良かったです。 

スポンサーリンク



ひよっこ(5月20日42話)みんなの感想(1)


(C)NHK「ひよっこ」5月20日奥茨城女子会
人の女子会。「ちゅらさん」の「ゆんたく」の激しい版!「亭主の話をすっ時に あんたにどういう風に気ぃつかったらいいっ?!」とか どんどんお互いの領域に分け入り 腹を割ってさらしてきれいにお日様の陽をあてて 心底笑い 泣き 愚痴り 食って 母ちゃんのピットインみたい♪

ひよっこ の世界の女子会はカラッとしていていいな。もちろん旦那の悪口は言ってるんだけど現実世界にあるようなドロドロした足の引っ張り合いみたいなのがない。

【今朝わかったこと】向島電機の制服には夏服がない。 これは乙女ちゃんたちが可哀想。 向島電機さんに予算がないんだったら、NHKさんで 作ってあげて!

女子会のターンは女優3人のグルーヴ感が有ったな というかこのドラマ自体にグルーヴが生まれてきているな すげぇなぁこのドラマ

まあ今週は大きな展開が無くて全体にユルかったのは確かだけどねえ、周辺人物のエピソード編ばっかで でもそれぞれに主人公がちょっとずつ絡むことによって、彼女の肉付けも厚みを増すという 一週間の殆どをそこに費やすって自信無きゃできないけど、贅沢な作り方だよなぁ

若い女優さんがたくさん出てきて、ほとんど私にとってははじめましてな女優さんなんだけど、それぞれ初登場シーンから印象に残るのがすごいなぁって。豊子や澄子もだし、米屋のさおりも。さおり、もっとみたいなぁ

実さんは「蒸発」して、東京に溶け込んでしまったのね。こざっぱりとした成りだけれど、そこには笑顔のない、無機質な顔つき。

ララランドっぽい来週の予告よかった!楽しみ(実の謎は物語の推進力なので、こうやってちょっと出ししてくるんだろうと踏んでる)

表情が…なかった。街を彷徨ってるような感じ…なんとなく周囲の時間と違う時間の中をトボトボ歩いてて…振り返ったその顔に精気もなく、正気とも思えない、無表情さが… ホント、実父ちゃんの身に何が起こったんだろう!?

きよさんみたいにキッパリと「誰に何と言われようと私は行く!」って言えた人、あの時代にはほとんどいなかったのでは。女が出掛けたり楽しく過ごす時間を持つ自由。大事にしたいですね。

最後に出てきた無表情で覇気のない男、実であって実でなかった。 俳優ってすげーな。

みね子の恋の相手 あの予告のクリームソーダはおそらくミスリードだな

澄子見ると、良い意味で変わらないから安心するよ。 大股で水道水飲んだり。みんなは食欲無いって言ってたけど、澄子はおかわりするんだろーなーと想像。

実、某国の工作員になっちゃったかな…?

そうそう犯罪者感ハンパねがった

澄子の向上心がないのは当然なんだよな。彼女は実家に居場所がないからここに来ただけでそこから先の目的があるわけじゃないから。夢を追いかけて東京に来た時子、通信制の高校で学びつつ職場でも上を目指していく豊子、とにかくたくさん稼がなければならないみね子とは違う。

きよ「あんたが今ここで死んでも私は行く」 君子「時子が掘った落とし穴に亭主が落ちた」 これ実さんのヒント?

虚ろな表情してたから、みね子のお父ちゃんは、岩場で足を滑らせて「シマ性健忘症」になってるのかも。多分、名前も谷田部実じゃなくなってるな。いや、それは若人あきらやw

実父ちゃん。じつふちゃんじゃなくてみのるとうちゃん。

もう3ヶ月も経ったんだね。だんだん、お父さんの行方不明状態に慣れてしまって切ない。思い出す頻度が減ってることを謝るのがみね子らしい。

あの頃の女子会、お茶飲みながらやってたんだねー。それを人は茶飲み話と言っていた。今じゃ酒必須。酒が当たり前。

お父ちゃん、赤坂の街を流浪してたな… 何かに隠れるわけでもなく、病人のようにも見えず、ただ感情を失っているように見えたが…

最後のシーン、実父ちゃんが 振り向いたとき、 奥茨城村のバスのクラクションの音が 微かに 聞こえたよね。 もし記憶喪失だとしたら… あのバスのクラクションの音は 故郷に帰った時の忘れられない思い出として 父ちゃんの脳裏に焼き付いているのだろう。

美代子 君子 きよの女子会。バハハハハ~ッって腹痛くなるほど笑ったかと思うといきなり立ち上がり 「ねエッ!あたし!あたし泣いていいっ!?」「イイッ!泣けっ!」 って三人でウオンウオン雄叫び泣いた次の瞬間食ってる食ってるーっ!命のゆんたく!これがあるから生きられる!

父は生きていたのね。行方不明なのに死んだ扱いになってるどこぞの朝ドラと違って。

山からの涼しい風がなくてもそれでも現在の7月よりよっぽど涼しそうである…

父ちゃんきっと記憶喪失…
(C)NHK「ひよっこ」5月20日奥茨城女子会
SNSで収集したコメントの一部を抜粋しました。※この記事内の写真は全て、NHKにその権利があります。予めご了承願います。
スポンサーリンク



ひよっこ(5月20日42話)みんなの感想(2)


(C)NHK「ひよっこ」5月20日乙女寮の仲間
時子はともかく、三男もあの父ちゃんや兄ちゃんのもとで、よく高校行かせてもらえたなあと思うと、きよさんはその都度守っていたのかもなあと思った。農家の三男でいずれ集団就職で出て行くと決まってるんなら時代的には中卒で働かされそうだものな。

沢村一樹、たった一瞬で、「え?!記憶喪失?!」と思わせる。すごいわ。ストレス過多で記憶喪失とかありそうだもんね。これまでの仕事場の様子とか見てるとさ…

今回の一番の驚きは最後にお父ちゃんのことを考えることが減ってきていることを責めるかのようなタイミングでちらっと街に出てきたお父ちゃんの格好が小綺麗な格好をしていたこと。監禁されているとか、家族と連絡を取れるような状況じゃないボロボロの状態というわけではないということだ。

爆破現場を一瞥して去ってくテロリストみたいだったな父ちゃん…

予告を見るといよいよ向島電機編から鈴ふり亭編へ移行して行きそうだな。乙女寮ーズが見られなくなるの淋しい

久しぶりに実登場。無表情で覇気の無い、精神を病んでいるようにも見えたけど…。みね子は東京での生活にも慣れ、自分の新しい居場所で頑張っている。時の流れは人の気持ちも風化させていってしまうよね?? 父の事を考える時間が少なくなってきた心の変化に気付くみね子。

この先ひょっとしたら父ちゃんは、チラチラ消息は風に乗って聞こえてくるけど、最後まで出てこないと予想してたんですが・・・ 予想が外れたので、言っちゃいました(。>д<) 記憶喪失てのは、ありがちだけどなあ・・

茂じーちゃんも逃げ出す奥茨城女子会。ただただ女の人が笑ったり泣いたり食べたり、で約10分。岡田さんだから書けるのですよね。そうですよね?んだんだ。

美代子さんと君子さんはずっと親友で、みね子と時子の子供の頃から思い出共有してっけど、きよさんは三男が集団就職で一緒に東京行ってから一気に仲良くなった感じなのかな。そういうのってあるよね。

「みつお」じゃないんだよね。「みづお?~」なんだよね(笑)。

きよさんすごかったな。「あんたが死んでも行ぐ、離縁だと言われても行ぐ」ってw普段、家事と仕事ばかりで唯一の楽しみなんだろうからなぁ。

失踪者をもった家族ってこうだよねぇ。他所の旦那さんの話で笑えるようになる。少しずつ思い出さなくなる。冷たいのではなく、居ない生活が出来上がっていくのよね。そんな状況で、表情をなくした実のアップという引きに、言葉は悪いけど少し背筋が寒くなった。

おとうちゃん、仕事中に頭に角材とか当たってその場ではなんともなかったんだけれど、後で記憶があやふやになって・・・とか。頭は危険だよね。その時は平気でも後から出ることがある。本人にもわからないのよ、後でくるから。脳挫傷だったら死だし、記憶喪失もなくはないよね

母たちの奥茨城女子会が延々と流れているだけの場面なのに、なんでこちらまでこんなに笑って目頭熱くしてるんだろう。

いつもお父さんのことばっか考えてる→もう見つからないんじゃないかと思う→見つからなくてもいいんじゃないかと思ってしまう→そのうち考える時間も少なくなっていく。みね子の心の動きがリアル。そしてそんな風に流されていくことへの罪悪感。すごく人間らしいよね。

今回の3人の母の「女子会」は彼女たちが子供を思うちゃんとした母親たちだということが改めて強調された感じだ。

改造人間“谷田部実”悪と戦っています 恐らくw

お父ちゃんの謎はコナン君の黒ずくめ組織の様にちょっとづつ小出しにして最後まで引っ張るつもりなのではないかと思う。

ナレーション「今で言う女子会、あれはなんでしょうね。必要なんですよね、女子にとっては。」 「あれはなんでしょうね」

本来、父親が機能しなくなったら代わりに機能すべきは長女じゃなくて母親。長女に一家を支えさせるのはよくないことだ。そういう罪の意識を強く持っているだけ、「ひよっこ」の主人公の母は「とと姉ちゃん」の主人公の母に比べると遥かに真っ当な人だなと思う。

お父ちゃんが、取られたお金を取り戻そうと ギャンブルにハマるとか、悪い女性にひっか かって連絡を自ら断つというパターンは 悲しいので避けてほしかったから、あの お父ちゃんの表情から記憶喪失説が強まった のは、個人的には嬉しかった。

そうか、澄子は本来のみね子なのね。「本来のみね子」のまま世間に放り出された澄子も、大人になる時間の針を早く進めざるを得なかったみね子も、どちらも愛おしい。 #

沢村一樹さんって、美男だけど、つくったみたいな表情で、どこか宙に浮いているような雰囲気があったけど、その独特な雰囲気が起用の理由だったんじゃないかな…と今日の回を見て思った。

昭和40年7月。思ったよりも時が進んでいないな。

実さん、こざっぱりした服装で別人のように無表情だった。やはり記憶喪失なのかな?

全体的に平板な物語の中で今、ほぼ唯一物語の「推進力」は父の行方不明。しかしこれが本当に太くて強い。今日の実が全く喜怒哀楽の消え去った表情で歩くシーンなんか本当に凄かった。全然理由の予想をつかせず、不穏さだけが残る。

一緒に見ていた母が、実さん「記憶喪失にでもなったんかね?」と言ってました

やっと実さんがチラッと出たと思ったら今週も終わりだけど、次週予告も面白くなってきた。 再登場のすずふり亭の鈴さんはやはり要になるのだろうか? と思っていたら踊りだす? 合唱団まるごとスカウトされて武富士ダンサーズになっちゃうの? 実さん、消費者金融に手を出した?

お父さんは何してるのかな。 スーツ着てたけど、ホストとか? 商人とか? 振り向いた顔が悪人面で心配。

ラストに出てきたお父ちゃん、あの街にいるっていう描写なのかな?みね子のイメージ上のお父ちゃん(非実在)かと思った。個人の意見です。

お父ちゃん、やっぱり多くの方が予想してた 通り、お金を送金しに郵便局に行く途中に 鈍器で頭を殴られお金を取られる⇒記憶喪失 になり、飯場に戻れずフラフラと遠くへ 行ってしまう⇒誰かが保護のパターンか…。

父ちゃん、こざっぱり&目が死んでいたのは、もしかして(騙されて)何か犯罪に手を染めてしまい、父親失格どからもう妻や子供達には会えないと自分から去ったパターンとか..

お父ちゃんが記憶喪失だとしてら、最後のみね子の“もうお父ちゃんに会うことはないのでしょうか”は意味深だよね…。会ってもみね子がわからないってことだし…

ラストカットのお父さん、やっぱ方々で言われている様に記憶喪失なのかなぁ…

今日のラストみたいな事があるから いつからか朝ドラのオープニング出演クレジットは観ないようにしている (´-`)

お父ちゃん闇墜ち!?
(C)NHK「ひよっこ」5月20日 きよ
SNSで収集したコメントの一部を抜粋しました。※この記事内の写真は全て、NHKにその権利があります。予めご了承願います。
スポンサーリンク




「ひよっこ」ネタバレあらすじと感想。最終回まで掲載中|朝ドラLOVE

「ひよっこ」父親がなぜ失踪したのか?その理由を皆で考える(継続中)





この記事へのコメント