ごめん、愛してる2話感想ネタバレ。クソババアと野良犬と中村梅雀。

長瀬智也さん主演のTBS日曜劇場「ごめん、愛してる」2話の感想ネタバレです。母親・麗子(大竹しのぶ)に逢うことができた律(長瀬智也)。でも母親は父親違いの弟を溺愛するくそババアだった。怒りの余り、自分の出生の秘密をゴシップネタとして売る決意をした律だったが、麗子のことをもっと知りたくなって…、という展開だった「ごめん、愛してる」第2話、指輪だけですぐに律だと思った中村梅雀に早過ぎるだろ?と違和感。

「ごめん、愛してる」2話ネタバレ


本当にあの人が自分の母親なのかと、いまだ半信半疑の律。母・麗子の自宅を何度も訪れては、深い溜息ばかり。そこに出くわした三田凜華(吉岡里帆)が、仕事を紹介してあげると言って、日向サトル(坂口健太郎)の運転手の仕事を紹介するも、履歴書の汚い字を見た麗子が「野良犬のような人にサトルの運転手なんか任せられない」の一言。それに切れた律が「くそババア!」。

たまたま日向家のマネージャーである三田恒夫(中村梅雀)が不在だったため、凜華の機転で律が臨時のバイトということで、サトルをCM収録現場まで車で送ることに。CMはサトルと古沢塔子(大西礼芳)との共演だったが、その合間に俳優(合田雅吏)が塔子にちょっかいを出してきて、揉み合う二人を止めるために湖に飛び込む塔子。それを助けようとサトルも飛び込んだのだったが、持病の心臓発作が起きて…。

溺れかけたサトルを救った律。病院に運び込まれて母親の麗子も駆けつけるが、凜華と律を責めるばかり。そんな母親を諌めるサトル。そして自分を救ってくれた律に親近感を抱き、自分の運転手は律ことリュウさんがいいと麗子に勧めるのだった。

「海外へ公演に行く事も増える、テロも怖い。あなたのような野良犬ならサトルのボディーガードにふさわしい」と麗子。履歴書に律ではなく「リュウ」という名前を書いた岡崎律は、その提案を受け入れたのだった。

「野良犬」だからと、酔い潰れた凜華をおんぶしながら日向家の門に立ち小便。それを見かけた凜華の父・恒夫が激しく同様して…、続く。
スポンサーリンク



「ごめん、愛してる」2話感想


両親に捨てられたということと、律が首からかけていたサファイヤの指輪を見ただけで、麗子の生んだ息子&自分が捨ててきた赤ん坊が律だと直感した三田恒夫でしたが、そんなにすぐに判るものなのか?とかなり不思議なラストシーン。

しかも指輪のアングルが真上からだったので、サファイヤが見えない状態。どうしてあの指輪が麗子のものだと判断できたんでしょう?と、細かいつっ込みです。天下のTBSさん、見ている視聴者はいるのです。頑張りましょう。

それから、古沢塔子に絡んできた俳優。ほかの現場で出演女性にちょっかいを出す俳優、本当にいるんでしょうか? 制作スタッフもいるし、クライアントのお偉いさんもいるはずで、そこでトラブルを起こしたら俳優人生が危うい、あるいは週刊誌ネタになるのは確実で、リアルにこういう人、いるんでしょうか?という疑問。

疑問ついでに、チョロい俳優役を演じた合田雅吏さん、あんな若い風貌ながら、もう47歳なんですよね。もう少しましな仕事を増やしてあげたい水戸黄門様であります。

「ごめん、愛してる」2話視聴率


初回視聴率が9.8%(関東地区)と、この枠にしては低調だった「ごめん、愛してる」。2話目が大変気になるところですが、根本的なところに視聴率低迷の原因がありそうです。

それは、このドラマが韓流ドラマのリメイクだということ。この時点もう観ないという人たちも数多くいるようです。いわゆる嫌韓系の人たち。

嫌韓反韓でもない人の中でも、「わざわざ韓流ドラマをリメイクする必要が分からない」ということで敬遠する人もいることでしょう。

こういうドラマの出来以外の部分で、すでにハンディを負っている「ごめん、愛してる」、2話の視聴率が判明次第、加筆したいと思います。

TBS「ごめん、愛してる」2話視聴率  %(7月16日放送)

スポンサーリンク



「ごめん、愛してる」次回あらすじ


 律(長瀬智也)と娘・凜華(吉岡里帆)が親しくなっていく様子に不安を覚える凜華の父・恒夫(中村梅雀)。律が持っているサファイアのリングを見かけ、思い当たることがあったのだ。律をサトル(坂口健太郎)の運転手兼ボディーガードにするという麗子(大竹しのぶ)に止めるよう進言するが、麗子は聞き入れない。
 一方、サトルは片思いだったサックス奏者・塔子(大西礼芳)と上手くいきそうな雰囲気。彼女にプロポーズをしたいと、凜華に手伝いを頼み・・・


(C)TBS「ごめん、愛してる」
出典:TBS「ごめん、愛してる」公式サイト


スポンサーリンク





この記事へのコメント