元Hysteric BlueのTamaさん、ライブを中心に活動中。もう一度逢いたい歌声です。

(C)tama

「こういう夢ならもう一度逢いたい、春が来るたび大きくなれる、そういう気持ちを忘れずにいたら、強く生きられるような気がして」

1999年1月に発売開始された Hysteric Blue(ヒステリック・ブルー)の名曲「春~spring~」のワンフレーズです。懐かしさとともに、今だに新鮮なサウンドとその歌声に驚きを隠せませんでした。

ボーカルのTamaさん、現在はソロ活動がメインで時々Sabao(シャボン)としてグループ活動をされております。ツイッター経由で推薦していただきましたので、この紹介ページを作成させていただきました。

ちなみに「シャボン」を調べてみましたが、ポルトガル語で「石鹸」を意味しているそうです。染み付いた汗や汚れを洗い落としてくれる石鹸ですが、Tamaさんのシャボンは、疲れた気持ちまでさっぱりと洗い流してくれそうな石鹸のよう。YouTubeの動画を視聴して、そう感じました。

でも変幻自在でもあります。時にアニソンっぽく、時にハードロック。そして時代を軽やかに飛んで昭和のムード歌謡まで。その曲調と歌声の変化の多さに、この方のポテンシャルの高さを感じさせていただきました。すばらしいです。スナックでデュエットしたいほどです。【環状線】は必見です。

Hysteric Blueでは紅白歌合戦にも出演されております。それゆえに敢えて触れますが、Hysteric Blueにはいい思い出と、それとは別の思いがあるかもしれません。

でも、17年前の名曲をぜひ若い人たちにも知ってもらいたく、ここで「春~spring~」を紹介させていただきます。



2020東京オリンピックパラリンピック式典推薦候補紹介No.21

  Tama  


生年月日:1980年10月28日生まれ

出身地:大阪府八尾市出身

学歴:樟蔭東高等学校中退

1997年 Hysteric Blueを結成

1998年 メジャーデビュー

2004年 Hysteric Blue解散。バンド時代のプロデューサー佐久間正英等と「Screaming Frogs」を結成

2011年 Hysteric Blueのメンバー・楠瀬拓哉と「Sabao(シャボン)」を結成

2013年 「Sabao(シャボン)」として楽曲配信リリース

2014年 初のソロアルバム「Opal」リリース


公式ブログ
http://ameblo.jp/tama-land1/


公式ツイッター
https://twitter.com/Tama_singer


【Tama(ex. Hysteric Blue)】


Tama / 2nd Album「Rainbow」 XFD





Sabao【アソビ】MV


Sabao【環状線】プロモーションビデオ

Tamaさん、いいね!ぜひ東京オリンピックでパフォーマンスして欲しいと思う方は拍手をお願いします。
web拍手 by FC2 


●応援するアーティストの動画紹介ページを作って欲しいというご要望がありましたら、コメント欄よりお願いいたします。可能であれば簡単な推薦文もいただけると大変助かりますm(_ _)m

 2020年東京五輪関連企画 
2020年東京オリンピック開会式・閉会式で歌ってほしいアーティスト投票アンケート

■皆様の応援が励みになります! うちのポチも宜しくお願いいたします。
pochi.gif





ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント