おんな城主直虎最終回感想。家康を支えた直政から徳川を倒す西郷どんへ

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第50話(最終回)「石を継ぐ者」の感想ネタバレです。なんだかんだと言いながらも最終回になってしまった「おんな城主直虎」。北条家との和議に奮闘した万千代が、その褒美として元服を願い出て、家康から授かった名前が「井伊直政」。井伊家由来の「直」と小野政次の「政」、その理由を聞いた時の万千代の涙に胸が熱くなり、こちらまで涙腺崩壊。

直親の道中での無念の惨殺、政次が直虎に槍を突かれた壮絶な死の場面が走馬灯のように思い出され、やはり大河は大河、この時ばかりはNHKに受信料を払っておいてよかったと。

おんな城主直虎、最終回は、織田信長を本能寺で討った明智光秀が、すぐに織田勢に追われて京都から脱出したというところからスタート。光秀の謀反に陰ながら加勢していた家康は、どこ吹く風とばかりに、光秀討伐に加わろうとするが、その必要がないと言われ、逆に北条家を牽制しようと提案。

その結果、上野、信濃の国衆を巻き込んで北条と戦うことになった徳川であったが、戦いが長引くことを憂慮した家康が、北条との和議を考え、その使者に選ばれたのが井伊万千代。

かくして、上野、信濃の国衆から念書を取り付け、徳川に有利な条件で北条との和議が成立。その褒美として元服を許され、井伊直政と名を改め、武田の赤備え衆や近藤康用を抱える戦国武将になった、という感じでしょうか。

北条との戦いの最中に「真田が北条に付いた」とのセリフもあり、昨年の大河「真田丸」での信繁のセリフを思い出したものです。

築城・真田丸の物見櫓に立つ信繁と高梨内記の会話。

信繁:壮観だ。

内記:相手に不足はございません。あちらにも赤備えがおりますぞ。

信繁:あれは井伊直孝だ、かの井伊直政の次男坊だ。

内記:井伊でございますか。

信繁:向こうにも、ここに至るまでの物語があるんだろうな。


まさにこれに返答するような今回の真田丸への言及。さぞ、真田丸ファンも大喜びだったに違いありません。

そして、直虎は、明智光秀の遺児である自然を(じねん)を、徳川と織田からの追っ手から守り、あの世から迎えに来た鶴と亀、そして龍雲丸に誘われて、竜宮小僧の住む場所に帰っていったということでしょうか。

政次とともに指していた碁の盤面が、「完」となり、最後の出演者が南渓和尚の猫というのも、遊び心満点で、自分よりも先に逝ってしまった辛さを味わう南渓和尚の表情といい、なんとも切なくも明るい終わり方だったような印象です。

で、来年からは「西郷どん」。徳川を250年あまり支え続けた井伊の話はこれまでで、来年からはその徳川幕府を倒す西郷隆盛のドラマということで、ナレーションは西田敏行さん。

1990年の「翔ぶが如く」で西郷隆盛を演じた西田敏行さんなので、何かと比較されそうですが、そんなところも含めてまた感想レビューを書いていきたいと思います。一年間、本当にありがとうございました、「完」。
(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」50話(完)

スポンサーリンク



※このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。
ご注意!知りたくない人は絶対に読まないでください。
おんな城主直虎ネタバレ最終回まで。臨終間際に鶴丸亀之丞龍雲丸揃う?(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」
スポンサーリンク




スポンサーリンク







この記事へのコメント