おんな城主直虎49話感想。徳川衆のワチャワチャした伊賀越えが可愛い。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第49話「本能寺が変」の感想ネタバレです。確かに“本能寺が変”だった今回の「おんな城主直虎」。織田信長の最期の自決シーンもなく、ましてや本能寺での明智と織田の戦いも一切無し。昨年の真田丸で、関が原の戦いが一瞬にして終わったことを思い出した人も多かったはず。でもこの「おんな城主直虎」、終盤に来てメチャクチャ面白くなっているのはなぜ?
(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」49話
スポンサーリンク


まずは、信長から京に招かれた徳川衆の可愛らしさ。みんなでワチャワチャしながら額を寄せ合ってのヒソヒソ話する姿が、いじらしいというかお子様というか、そんな印象。織田家の鬱蒼とした暗い雰囲気とは対照的で、やはり徳川が天下を取ったのは、こうした協調精神に富んだ日本人気質がベースにあったんじゃないかと。

龍雲丸。久しぶりに登場しましたが、劇中では直虎と9年ぶりの再会ということで、その目には直虎への異性としての愛情にあふれていましたが、直虎はそんなことは全部忘れていて、万千代と家康の力になることしか頭になく、しかも異人への夜伽まで承諾する一途さ。

ここで多くの視聴者は疑問に思ったに違いありません。直虎は男性経験が有ったのかどうかと。井伊直親、小野但馬守政次、そして龍雲丸。この3人の中で、一体誰が直虎の相手をしたというのか!? まさか未経験のまま異人に抱かれてもいいということ?脚本の森下さんにぜひ聞いてみたいところです。

下衆なかんぐりはこのあたりに置いといて、明智光秀の謀反と信長の死を簡単に済ませて、徳川衆の伝説の伊賀越え。昨年の真田丸と同じ内容ではあるのですが、目新しかったのは、穴山信君が途中まで一緒に居たということ。史実でもともに逃げたとの文献もありますが、映像で見た記憶がなく、実に斬新。

野武士に襲撃されたとも、切腹したとも語られている穴山信君。この「おんな城主直虎」では、本多正信の陰謀によって殺害されたという解釈だったようで、これまた驚きの展開。

やはり、みんな知っている徳川衆の動きが軽快だと、物語全体が生き生きとするようで、こんな感じで序盤から進んでいれば、この「おんな城主直虎」の視聴率ももっと上がっただろうにと、返す返す勿体無いという感想で、次回はいよいよ最終回。心して観たいと思います。

※このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。

ご注意!知りたくない人は絶対に読まないでください。
おんな城主直虎ネタバレ最終回まで。臨終間際に鶴丸亀之丞龍雲丸揃う?(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」
スポンサーリンク




スポンサーリンク







この記事へのコメント