おんな城主直虎48話感想。明智光秀の息子・自然の運命に落涙で今川氏真も

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第48話「信長、浜松来たいってよ」の感想ネタバレです。明智光秀と今川氏真が織田信長暗殺で繋がっていたという話に、目からウロコでびっくり。そしてその密約の証しとして、息子・自然(じねん)を人質に差し出して、自然がたどり着いた先が井伊谷ということで、なんとも大胆な歴史解釈をする森下佳子脚本に大拍手です。
(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」48話「信長、浜松来たいってよ」
スポンサーリンク


それにしても織田信長が武田征伐の帰りに駿府から三河を通ったという話は知っていましたが、その返礼として徳川家康とその重臣たちを安土城に招いて供応している隙に、皆殺しにするという織田信長の策略も初めて見聞きしたような印象。過去に大河ドラマでも描いたいたかもしれず、自分の記憶の無さにあきれるばかりですが、それにしても極悪非道な織田信長で、明智光秀も裏切るはずだわなあと、演じる市川海老蔵さんの存在感が素晴らしい。

明智光秀曰く「血も涙も無い極悪非道の織田信長」ということが、本能寺の変のきっかけでいいのか?と、その動機付けがイマイチ弱く感じますが、でも恨んでいた憎んでいたということは十分に分かる光石研さんの迫真の演技。さすが名バイプレイヤーであります。テレビ東京の深夜番組が懐かしく、シーズン2を早くみたいものです。

おんな城主直虎も残り2話ということで、次回が「本能寺が変」という素晴らしいタイトルの元、本能寺の変が描かれるのですが、そこで疑問が一つ浮かんできます。今日の話の流れで言えば、明智光秀の信長暗殺の陰謀を知った徳川家康が、本能寺の変の後に、なぜ伊賀越えするほど、明智の軍勢から逃げなければいけなかったのか?ということ。

明智光秀の謀反を知っても尚、織田勢に味方したからそうなったはずで、その辺りも詳しく描いて欲しいなあと、昨年の「真田丸」での内野聖陽家康の映像を思い出しております。
(C)NHK大河ドラマ「真田丸」伊賀越え
ちなみに、こちらが昨年の「真田丸」の時の伊賀越えの映像です。真ん中がご存知、内野聖陽さんが演じる徳川家康で、向かって右隣のザンバラ髪のおじさんが、伊藤正之さんが演じた石川数正です。この時は、服部半蔵が道中の手助けをしたように描かれましたが、今回は万千代が大活躍するはず(?)

さてさて、興奮尽きない「おんな城主直虎」ですが、今回の最大のヒロインというか主役は、健気な武家の子として登場した明智光秀の息子・自然でしょう。メチャクチャ可愛いく、そして直虎に抱きついたラストのシーンは、お茶の間のおじさんおばさんの涙腺が崩壊したこと間違いなしで、誰が演じていたのが、調査中です。

2016年に放送されたNHKの「歴史秘話ヒストリア」では、明智光秀の息子は十五郎と言い、元服前の少年で、明智光秀が斬首された後、坂本城に篭城した十五郎を始めとする一族はみな自害を余儀なくされたと。

その中で唯一生き残ったのが、娘の玉子で、後に細川忠興に嫁入りするガラシャ。やはり人が作る歴史は面白いと書いて、次回もよろしくお願いいたします。

※このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。

ご注意!知りたくない人は絶対に読まないでください。
おんな城主直虎ネタバレ最終回まで。臨終間際に鶴丸亀之丞龍雲丸揃う?(C)NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」
スポンサーリンク




スポンサーリンク







この記事へのコメント